武器になる絵文字1位は・・?

絵文字は女性同士のメールでは必ずと言って良いほど使用していると思います。
しかし、男性の場合はあまり使用していないという人が多いです。
男女間では絵文字に対しての意識がかなり違うことがわかります。
特に意識の中で違いが出るのがハートマークです。
男性は、女性からのメールにハートマークが入っているだけで「気があるのかも・・・」と思ってしまいます。
しかし、女性は可愛いからとか、単なる気分で入れているだけであって、友達同士でも頻繁に使用しています。
テンションが高い時などは、特にハートマークを使用することが多いです。
勘違いをしてしまう絵文字NO.1と言っても過言ではないかもしれません。
男性が勘違いしやすいハートマークですが、これを逆手に取ることもできます。
女性が男性にモテたい場合にメールの中にハートマークを使用するという方法です。
気になる男性とメールでやり取りするときに、事あるごとにハートマークを使用してみても良いかもしれません。
男性は異性として意識するようになるかもしれませんし、意識させるようにすることもできます。
しかし、女性の中には、ハートマークをやたらと使うのは軽い感じがしてしまうのでは?と思う人もいます。
乱用するのではなく、ポイントを絞ってハートマークを使用して、男性を惹きつけるというのもひとつの手段です。
気になる異性がいる場合には、メール作成時に最後の方でアートマークを使うというテクニックもあります。
女性であってもあまり絵文字は使わない人もいると思います。
このタイプの女性がハートマークを使用すると、かなり大きな効果が期待できることもあるので試してみてはどうでしょうか?

気遣いが出来る

異性にメールを送る場合、好印象を与えるには相手に対しての気遣いができるかどうかということが重要です。
自分のことを気にしてくれているということがメールで感じ取ることが出来れば、存在が気になり出すと思います。
ですから、まずはタイミングに気をつけてみてください。
気になっている人が、学校や会社を休んでいるとします。
この時にメールを送ると、相手は心配してくれていると感じ、好印象を与えることができます。
しかし、内容によっては、かなり逆効果になってしまいます。
心配していることを出来るだけアピールするようにしましょう。
相手に構って欲しいようなメールはいけません。
あくまでも相手のことだけを気遣っているメールを送るようにする必要があります。
ですから、具合が悪いことを心配していr場合は、文章は簡潔にします。
病気の時はとにかく何もしたくないものです。
ですから、メールさえも煩わしいと感じてしまうことが多いです。
こんな時に長文で読みづらいようなメールが来ると、かなり空気が読めない嫌な奴と思われてしまう可能性があります。
ですから、簡潔で読みやすいメールを送るようにしてください。
また、仕事上で相手が失敗してしまった場合、相手は落ちこんでいるかもしれません。
その時に励ましのメールを送るのも効果的です。
落ち込んでいる時は、精神的にもかなりダメージをおっています。
そこで優しく手を差し伸べてくれているようなメールを送ると、相手も癒されます。
しかし、頑張ってというメールはあまりよくありません。
相手はもっと頑張らないといけないという感じで、プレッシャーを感じますし、より自分はダメだと落ち込んでしまう可能性があります。
ですからなるべく明るい話題を降ってあげたほうが良いと思います。
気を遣ってくれていると相手も感じるのではないかと思います。

困ったときは写真を使おう

女性の関心を引きたい場合に、男性からのメールはあまり効果がない場合もあります。
女性と比較すると男性の方がメールのやり取りの頻度が少ない傾向があります。
女性ほどメールに慣れていないということもあるのではないかと思います。
男性がメールを作成する場合、文章にとらわれがちになってしまう場合があります。
文章に集中しすぎてしまうとどうしても単調な内容になってしまいます。
出来れば顔文字や絵文字も適度に取り入れてメールを作ったほうが良いと思います。
しかし男性で年齢によっては絵文字や顔文字に恥ずかしさを感じるかもしれません。
絵文字や顔文字入のメールを送ったら相手が馬鹿にするのではないかと感じていうる人もいるかもしれません。
もし抵抗がある場合は写メにしてみるというのもひとつの手です。
面白い画像などを撮影すればメールに添付して送信してみましょう。
写メールで画像を添付するのは意外と好評だったりします。
一発ギャグ系のメールが送信されると、かなりツボに入る場合もあります。
ついつい笑ってしまうメールというのはその人に対して好印象を抱きやすくなります。
最後にオチもあればさらに楽しいメール交換となると思います。
写メールはメールがに当てない人にとっては、活用できるツールでう。
しかし、どんな画像を添付するかが問題です。
センスがない場合には、かなり冷めてしまうかもしれないので、この見極めはできていないといけません。

仕事で活用できるテクニック

挨拶というのは仕事上でも、普段の生活でもとても大事なことです。
簡単なので出来ていると多くの人が思っていますが、案外出来ていない場合もあります。
仕事ではこの挨拶がかなり重要なポイントになっています。
メールにおいても挨拶をしますし、良い印象を与えるには、しっかりとした挨拶と簡潔な言葉遣いです。
仕事でのメールでは言葉に対して慎重になる必要があります。
相手が間違ったり、返信が遅い場合でも、言葉を選びながらメールで連絡します。
それで次の返信を待つようにします。
この場合、普段の自分の様子がありのまま現れてしまいます。
マメな連絡、先に連絡するというのは好印象を与えることができます。
病気や急用がない限りは連絡がなくても、相手もメールを待つことができます。
普段から連絡がマメな人は、必ず連絡が来るという自身があるので、余裕ができます。
これがマメな人の成果でもあるのです。
この成果は信用となり、仕事ではかなりポイントが高いはずです。
メールでは言葉も大事なのですが、メールの送信と受信の時間が明記されています。
丁寧な言葉遣いはもちろんですが、仕事場となると他にも大事なことはたくさんあります。
時間は言葉遣いだけでカバーできるわけではありません。
すぐに返信するというのは、とても大事なことなのです。
企業の場合、メールの確認だけではありません。
他にも当然ですが仕事があります。
メールだけに集中するわけにはいきませんが、朝一のメール確認やメールの返信を必ず行っていれば印象は良いと思います。
お昼すぎ、仕事が終わりそうなときなどにメールの確認をしている人はルーズな傾向があると思われてしまいます。
勿論、状況によっては連絡が遅くなってしまうこともあります。
必要な事、重要なことは必ず電話連絡をしましょう。
時間に関係なくやりとりできるのがメールのメリットでsが、重要度によってはメールよりも電話の方が良い場合もあります。
電話すべきことをメールで済ませてしまうというのはよくありませんし、相手も良い印象は受けないでしょう。

いつもとは違うことをしてみる

気になる男性がいる場合、いつもとは違った呼び方で呼んでみると男性は意識するようになります。
まだ付き合っていない場合には、相手の男性のことを苗字で呼ぶことが多いと思います。
これをあえて下の名前で呼ぶと男性は違った感情がわく場合があります。
急に親しげな名前で呼ぶと、相手によっては「なんだ?」という感じになる場合もあります。
しかし、メールの場合は、これが意外と効果的です。
メールの場合には、相手との距離感が少し普段とは違います。
親しげに呼ぶことで相手との距離がグッと縮まることもあるのです。
メールの中だけ呼び名を変えるというのは効果的です。
ふたりだけの中での話なので、ほかの誰もが知らないということになります。
ふたりだけの秘密というのはお互いに意識することになります。
ですから、普段では苗字で呼んでいても、メールの中だけ変えてみるというのは良いと思います。
しかし、馴れ馴れしい感じはいけません。
相手もかなり警戒してしまう可能性があります。
警戒心が強そうな人の場合、年上の人の場合には、呼び方をこうしても良いか・・・ということを聞いたほうが良いかもいれません。
また文章で、通常とは違う呼び名を入れるテクニックがあります。
相手がメッセージを読むときに、自分に対して呼びかけられているような感覚になるようです。
呼びかけられると相手の親近感がかなりわくと思います。
メールの作成テクニックとしては高度になってきますが、気になる男性が異性として意識してくれるかもしれません。

終わるタイミングがわからないなら

仕事中にメールをしていて、お互いに返信が止まらくなってしまい、困ってしまった経験はないでしょうか?
気を遣ってメール交換をしていると、返信すると、相手からも返信が来て、自分も返信しないと・・・ということになってしまいます。
こうなると終わりが見えなくなってしまうことが多いです。
いつまで続くのか分からないようなメールのやり取りを、好印象で区切りを付けられる方法があります。
例えば、何か質問や相談などの内容で、メールを送信したとします。
すると相手からメールが届くと思います。
そして再度自分からまたメールを送信して、これで終わりというようにする1往復半のメールが理想的です。
返信する場合、自分から送信した場合は1往復半でなければいけません。
最初に自分が送信して、相手が返事をしてきて、それに対して自分からメールをして終了がすっきりしています。
質問などをした場合には、返信してきてくれた内容に対して満足してしまうとそれで終わらせてしまう人もいます。
しかし、回答してくれているわけですから、感謝の気持ちをメールにして送信しましょう。
とは言っても、この返信に対してまた相手からメールが来てしまうとエンドレスになってしまいます。
ですから、ありがとうということを伝えつつ、これで終わりだよということがわかるように返信しましょう。
そして相手からメールが来た場合も1往復半が目安です。
相手からメールが来た場合に、それに応えるメールを送信します。
これで1往復半の目安になりますから、これ以上メールを送信する必要はありません。
相手のメールをしっかりと読んだということが大事なのえ、相手から届いたメールの返信は短文で構いません。
返信するというのが大事です。